• HOME

任意整理とは、債権者と債務者が話し合

任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすることで、金利の引き下げや元金のみの返済ですむように嘆願するという公の機関である裁判所を通すことなく借りたお金を減額する処置です。
大部分の場合、弁護士とか司法書士が債務者に代わって交渉し、月ごとに支払う金額を減らすことで、完済できる道筋がみえます。

債務整理をするやり方は、様々あります。その中で最もサッパリするのは、一括返済と言う方法です。

一括返済の場合の利点は、借金を一気に返し終えますから、以後の繁雑な書類の処理等と返済等が必要ない点です。理想の返済のやり方と表現してもいいでしょう。



もし、任意整理をし立としても、そんなにデメリットなどないと思われる方もいると思いますが、実際にはしっかりとあるのをご存知ですか。



それは官報に載ることです。


つまりは、皆様に知られてしまう可能性もあることです。それこそが、任意整理の一番のリスクだと言えるのかも知れません。

借金がかさむことにより、もう自分の力で解決できない場合に、債務整理をします。返済不可能なほどの借金がある人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談してください。
そうなると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官で話し合いを持ちます。月に幾らなら返済できるかなどを話し合い、その後、月々に返す額が算出されます。



債務整理をおこなう際に必要な費用というのは、手段によって大聴く差が出ます。
任意整理のケースのように、1社ずつ安い料金でおこなうことができる方法もありますが、自己破産みたいに、おもったよりの高額費用を支払うものもあります。



自分自身でかかる費用を確かめることも必要です。

関連記事

メニュー