• HOME

個人再生手続きのやり方ですが、こ

個人再生手続きのやり方ですが、これは弁護士におねがいをするのが一番スピーディーです。


弁護士におねがいすることでほとんど全部の手続きをしてくれます。途中で裁判所へ行くことになったり、債権者とのやり取りをする場合もありますが、複雑なことはほとんど弁護士に頼ることができます。



銀行に借金をしている場合は、借金を整理しようとするとその銀行口座が使えなくなることがあります。ですから、事前にお金をおろしておいた方がいいです。銀行は利益を失わないように、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。

口座が凍結されるのはひどいことだと感じるかもしれませんが、銀行サイドからすれば、誰にも文句を言われる筋合いはないのです。借りたお金の額が多くなり、もう自分の力で解決できない場合に、債務整理を行うことになります。返済不可能なほどの借金がある人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談してみましょう。



すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が解決策を話し合います。月々の返済可能額などを検討し、その後、毎月幾ら返済するかが決まるのです。

個人再生をしようとしても、不認可となる場合が実在します。個人再生をするためには、返済計画案を提出しなければなりませんが、これが裁判所で通らないと不認可となります。
普通の事ですが、認めて貰えないと、個人再生はできないのです。


債務整理するのに必要なお金というのは、やり方に次第でとても差が出てきます。


任意整理のケースのように、会社の数ごとに低い金額で利用することができる方法もあるものの、自己破産のように、結構高めの料金を支払わなくてはいけないものもあります。自ら出費を計算することも大切な事です。

関連記事

メニュー